ぶり | 旬のごちそうファイル

ぶりのチカラ

ぶりは、良質のたんぱく質やビタミンB群、D、Eなどに加え EPA、DHA、タウリンがたっぷりと含まれた食材。 特にEPA、DHAなどn-3系脂肪酸には 動脈硬化の予防効果があるといわれ、 国が定める目標量以上を積極的に摂りたいところ。 でもぶりなら安心。わずか一切れで その量を上回ることができます。 また、血合いのところに多く含まれるタウリンには 肝機能を改善し、心臓病を予防する効果が 期待されているので、残さず食べたいものです。

ぶりのプロフィール

ぶりのススメ

寒ぶりの水揚げが多い能登半島の氷見では、 冬になって雷鳴とともに訪れる荒天を「ぶり起こし」と呼び、 本格的なぶり漁をスタートさせる合図にしていると言います。 実際に寒冷前線が能登半島を通過したあとに、 まとまった漁獲があるのだとか。 そんな寒ぶりの産地発祥で、 全国区になりつつある食べ方といえば、ぶりしゃぶ。 薄切りにした切り身をさっとお湯にくぐらせて、 ポン酢でさっぱりと。 その味わいは、箸が止まらなくなるほど! 未経験の方は、ぜひお試しを。

ぶりのススメ

ぶりのススメ

ぶりは出世魚の代表です。 地方によってさまざまな名称がありますが、 一般に関東では 「わかし」→「いなだ」→「わらさ」→「ぶり」。 関西では「わかな」→「つばす」→「はまち」 →「めじろ」→「ぶり」という具合。 「いなだ」は夏が旬で、あっさりとした味わい。 「わらさ」は、秋から晩秋が旬といわれています。 ぶりの旬は、もちろん冬。 成長段階によって、旬が違ってくるのも興味深いですね。

ぶりのススメ

ぶりのレシピ

定番のぶりの照り焼き。おいしく作るには、プロのワザが必要?いえ、そんなことはありません。 下ごしらえなしで、あっという間に絶品の照り焼きが完成。 濃厚なタレがからみながら、内側はふっくらとした食感。ご飯が進む一品です。

ぶりのレシピ | 写真

ぶりのレシピ