ふきのとう | 旬のごちそうファイル

ふきのとうのチカラ

ふきのとうは、4月頃に旬を迎える「ふき」の花のつぼみ。 一度にたくさん食べるものではないため、 摂取できる量は限られていますが、ビタミン、ミネラル、 食物繊維などをバランスよく含んでいます。 特に高血圧と脳卒中を予防する働きがあるとされる カリウムや腸内環境を整えてくれる食物繊維が豊富。 「春は苦いものを食べよ」という 言い伝えが古くからあるそうですが、 ふきのとうの苦味には、肝機能の強化や、 発ガンを抑制する効果があるといわれています。

ふきのとうのプロフィール

ふきのとうのススメ

ふきのとう料理のオススメは、なんといっても天ぷら。 アク抜きの必要がないのもらくちんです。 洋風のフリットでもおいしくいただけます。 薄力粉60g、卵黄1個、パルメザンチーズ大さじ1、 塩胡椒少々にビール大さじ2強を混ぜて、 卵白のメレンゲとさっくり合わせたものを衣にして 油で揚げます。ほろ苦さの中から自然な甘みが広がり、 おつまみにもおかずにもぴったりです。 「揚げ物はどうも苦手」という人はさっぱりおひたしでどうぞ。

ふきのとうのススメ

ふきのとうのススメ

ふきのとうは食べるだけではありません。 古くからワカントウカの別名で、 民間療法の薬草として利用されてきました。 薬効は、健胃、咳止めなどなど。 乾燥させ、焙煎したものは販売されていますが、 1週間〜2週間ほど陰干ししたものを ハーブティー感覚で味わうこともできます。 また、ホワイトリカーや焼酎などに漬け込んで ふきのとう酒を作ることもできます。 生のふきのとうを3カ月ほどつけ込めばできあがり。 大地のエキスを身体に取り込めそうですね。

ふきのとうのススメ

ふきのとうのレシピ

ふきのとうが味わえるのは冬から春先限定。 保存食として、ふきのとうを長ーく味わうなら、このふきのとう味噌がオススメです。 ご飯のお伴に、何杯でもおかわりができそうなおいしさ。もちろん、おにぎりにもぴったりです。

ふきのとうのレシピ | 写真

ふきのとうのレシピ