ほたて | 旬のごちそうファイル

ほたてのチカラ

ほたて貝柱は低脂肪で、たんぱく質が豊富。 血中脂質を改善し、心臓病を予防する効果が期待される タウリンも含まれているため、 動脈硬化の予防に相乗的な効果が期待できます。 ほたてを食べると、口の中で甘みとうま味が じゅわーっとひろがるのは、グルタミン酸、イノシン酸、 グリシン、アラニンなどさまざまなうまみ成分が たっぷりと含まれているから。 うま味の相乗効果で身体だけでなく ココロまで元気にしてくれそうですね!

ほたてのプロフィール

ほたてのススメ

ほたての殻むきは意外に簡単! 用意するのは軍手と洋食器のナイフ。 殻の白い方を上にして持ち、 ちょうつがいの近くの隙間にナイフを入れ、 貝の底を押すようにしながらナイフを回して貝柱を離します。 ここで貝をひっくり返し、上の殻を取り外し、 ウロの部分をつまんでヒモなどを取り外します。 最後に貝の底を押すようにしながら 貝柱を取り外してできあがり。ウロは味も劣る上、 お腹をこわす恐れがあるので食べない方がいいようです。

ほたてのススメ

ほたてのススメ

ほたては、色々な料理でその味を楽しめる応用食材。 新鮮な素材なら、まずお刺身で。 さらに天ぷらやフライの他、 簡単バターソテーもオススメです。フライパンを熱し、 オリーブ油でほたての両面を焼いていきます。 この時になるべくほたてを動かさないのがコツ。 仕上げにバターを入れ、 溶けてきたところでほたてを取り出し、 溶けたバターにレモン汁を加え、 刻みパセリを入れたソースをかけてできあがり。

ほたてのススメ

ほたてのレシピ

殻付きのほたてを買ったら、ぜひお試しを! 味噌風味なので、ごはんのおかずにもぴったりですよ。 香ばしさが食欲を刺激します。あつあつでどうぞ。

ほたてのレシピ | 写真

ほたてのレシピ