せり | 旬のごちそうファイル

せりのチカラ

せりは、βカロテンをしっかり含んだ緑黄色野菜で、 ビタミンCや葉酸、鉄、カルシウムが豊富。 感染予防等の働きが期待されるβカロテンやビタミンCは、 風邪予防対策として欠かせない栄養素で、 お肌を健康に保つ働きも注目されています。 また寒い時期は、急な気温の変化で血圧が上昇し、 脳卒中などが起こりやすいといわれています。 カリウムやカルシウム、食物繊維には血圧を正常にする 働きがあるといわれているので、 高血圧が心配な方は、せりを積極的にどうぞ。

せりのプロフィール

せりのススメ

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、 ほとけのざ、すずな、すずしろ」。 七草粥といっても、七種揃えるのは意外と大変。 だから「マイ七草粥」。 手に入れやすい、せりやすずな(かぶの葉)、 すずしろ(大根の葉)に、他の野菜を加えて作ります。 作り方は簡単。野菜をさっと熱湯にくぐらせ、刻んでおきます。 浸水したお米の約5倍の水で煮込むこと約30分。 塩と野菜を加えれば「マイ七草粥」のできあがり。 平安時代から続く日本の味わいにひたってみては?

せりのススメ

せりのススメ

せりは生命力がとても強い野菜。 料理で余った白い根っこは、 そのまま水に浸けておきましょう。 しばらくすると次の茎が生えてくるので、 おみそ汁の薬味としてどうぞ。 また、根っこの中でも太くて長いものは、 きんぴらにぴったりの食材。 「せりの根きんぴら」は独特な食感と香りで、 知る人ぞ知る逸品なのだとか。 「せりを買ったら、根っこは捨てるな」。 ぜひ、覚えておいてください。

せりのススメ

せりのレシピ

せりは鍋に入れたり、おひたしでいただくのが一般的。でも、中華風の炒めものでも、 いい味を出してくれるのです。食材も調理法もシンプルなのに驚くほどおいしくなるのは、 ほろ苦いせりが、いかの旨味を引き出してくれるから。 ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにも最適の一品です。

せりのレシピ | 写真

せりのレシピ